【災害 X 仮想通貨】地震が起きた時には、仮想通貨は使える?

どうも、たけっしー(@tak450082)です。

 

本日、明朝、北海道で大きな地震がありましたね。

亡くなられ方、ご冥福をお祈りいたします。

 

さて、今年は特に多い台風。

私の地域でも起きた、「停電」

本日は、災害時の仮想通貨は使える?に注目してみたいと思います。

 

仮想通貨を使うメリット!

  • 仮想通貨のメリットとして、代表的なのは以下の通りですね。
    • ・手軽に投資ができる
    • ・銀行よりも手数料が安い
    • ・銀行で行うより送金が早い
    • ・世界共通通貨として使える
    • ・安全性が非常に高い

ここに災害時の内容を含めると

紙幣と違って、なくならない

銀行が閉まっていても、決済をすることができる。

証明書代わりになる。

というメリットはあげれますね。

仮想通貨のデメリット

  • 仮想通貨のデメリットとして、代表的なのは以下の通りですね。
    • ・ハッキングリスクがある
    • 不正リスクがある。
    • ・普及率が少ない(使えるお店が限られている)

ここに災害時の内容を含めると

スマホ決済のため、持っていないと決済できない。

停電が起き、充電が切れたら使えない。

スマホを無くしたら、使える手段がない

電波塔の電気が切れたら、送れない(今回話題になってました)

と、なんともスマホ(電気)に依存していることが分かりますね・・。

 

今後考えるべきこと

まだまだ普及率が低いということで、

今後は、実用性が問われる通貨であることが分かりました。(電気依存も強い)

 

各企業がこぞって、コインの開発をしている中、どういう使われ方が一番いいんですかね。

 

災害時の仮想通貨の使い方のたけっしーからの提案として

・居場所の確認代わり・・コインを送金することで、生存確認

・通貨にメッセージをつけて送れる。

・メッセージを送ることで、被害地域に寄付ができる

いかがでしょうか。

せっかくの便利な道具なので、この中の一つでも実現して、将来的に災害時のたすけに繋がればいいなと考えています。

 

まとめ

私も大きな災害は経験したことなく

万が一を想定するのは非常に難しいなと感じます。

ただ、日頃からいろんなことを想定することは大事ですので、

今回の災害から色々と学び、いつ起きても対応できるよう準備はしていきたいと思います。

 

それでは、素敵な1日になりますように。

 

主にブログの更新ではありますが、LINE@もやっております
気軽に相談にものりますので、ぜひ追加してみてやってください。
友だち追加

 

 

ブログ資産化ゼミ

飽き性の私でも続けることができました!
ブログを書いたことがないあなたにおすすめ!