【仮想通貨】Zaifのハッキングから学ぶ、仮想通貨の怖さを知りましょう。

どうも、たけっしー(@tak450082)  です。

 

最近仮想通貨といえばハッキングのニュースで

話題になることが多いですが・・・また起きちゃいました。

災害でもそうですが、起きてからではなく、起きる前にどうするか?が重要です。

 

たけっしー
今回はやっちまったーとならないよに仮想通貨のリスクを説明するよ

今度はZaifが・・・やられましたね。

みなさんニュースはみましたか?

 

(引用元 Zaif )

たけっしー
67億円!コインチェックに比べれば可愛いのか?それにしても日本の取引所は狙われてますね〜

これに伴い、BTCの価格は?

BTCの価格を見てみましょう。

下がってますね。そりゃそうか、、、、ん?うーん。

本当にそうなのか?偶然?必然?

神のみぞ知りますね。こりゃ。

 

ハッキングのニュースの整理

まとめてみました。

 

年度 事件 被害額
2014年2月 マウントゴックス事件 500億円
2016年6月 The DAO事件 360万Ether
2016年8月 The Bitffenex 80億円
2018年1月 コインチェック(NEM) 580億円(史上最高)
2018年9月 Zaif 67億円

 

初めて挑戦することは、メリットも多いですが、リスクも多いのは事実。

Zaifは、コインチェックのように保証がどこまでできるか、今後の対応に期待したい所です。

それにしても、日本人は、お金持ってますな〜。

 

仮想通貨を持つことでのリスクを整理しましょう

ということで、仮想通貨を持っている方も、持っていない方も。

備えあれば憂いなし!という言葉もありますので、もう一度以下の3点を見直しましょう。

 

●仮想通貨取引所に多額のお金を置いていませんか?
取引所には、ハッキングリスクがあります。
最悪お金が戻ってこない場合があります。今すぐ、ウォレットに移動させましょう。
●定期的に、資金が減っていないか確認していますか?
今、仮想通貨は落ち着いていますので、なかなか見る機会がないかもしれません。
ただ、ハッキングされて、コインがゼロになっていないか月に一度確認しましょう。
知らない間に、ハッキングされているかもしれません。
●オンラインウォレットではなく、ハードウォレットは持っていますか?

別名、コールドウォレットとも呼びます。

TREZOR、Leger Nano Sなど、オンラインとは遮断できるウォレットも持って起きましょう。

 

●仮想通貨への投資は余裕資金で行なっていますか?
仮想通貨は未熟な市場です。そのため、価格も変動が大きいですし、今回のようなハッキングも起きる可能性があります。
自己責任ではありますが、まだ投資対象ではなく、投機対象ですので
必ずなくなってもいい金額か、今一度確認しましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

何か起きてからは遅いです。

思い立ったが吉日。不安な方はいますぐ行動しましょう!

 

それでは素敵な1日になりますように。

 

主にブログの更新ではありますが、LINE@もやっております
気軽に相談にものりますので、ぜひ追加してみてやってください。
友だち追加

 

 

 

 

ブログ資産化ゼミ

飽き性の私でも続けることができました!
ブログを書いたことがないあなたにおすすめ!