【通貨】どっちがホント??Withコインについて。

どうも、たけっしー(@tak450082)です。

4月からしばらく我が家に帰れない日々が続きそうです。

変なストレス溜めないようにしなきゃ・・な。

 

本日は、youtubeでも

SNSでも話題の「Withコイン」について調査した結果をお話ししたいと思います。

非常にややこしい、同じ名前のWithコイン

You tubeでも説明されていますが、ウィズコインには2種類あります。

↑こちらが本命

  • オンラインカジノ等で使用できるカジノの送金用に作られた暗号通貨となります。

韓国発祥のコイン

https://twitter.com/b03821738/status/974620803177201670

こちらを紹介したい訳ではないので、みなさまお気をつけくださいませ。

カジノ送金用に作られたコイン

名称:ウィズコイン

発行枚数:50億枚

公式サイト:https://withcoin.info/en/index.html

ホワイトペーパー:https://withcoin.info/whitepaper/en/withcoin_whitepaper_en_201801.pdf

ホワイトペーパーをサラサラ読むと・・

 

●With コインは、D-BAC の会員組織(8千人)が普及活動をします。

と記載がある・・。

 

ん?D-bacとは。。

カジノ計算機。。んーなるほど。

実はこちらの社長様とお知り合いです。私。(しったかしてすみません)

取引所上場決定!

5/末上場決定

https://de-sala.com/binance/

 

 5/20 上場予定

https://de-sala.com/hitbtc/

そして、walletもダウンロード可能

Android版

https://play.google.com/store/apps/details?id=org.withcoin.nac.mainnet

iOS版

3/末対応予定

着々と上場の準備は進んでますね。

実はたけっしーも。。

こちらのコイン、実はわたしもすこし購入してます。

今、アフィリエイター達が結構煽ってる記事をみますが。

わたしは売りません!(余裕資金のお金を投資したまでですので)

今後の状況を少しずつ、更新、報告して行ければなと思っております。

 

一度、投資すると決めた案件に対しては、後悔してもしょうがないので、

残念な結果になったとしても、それは経験と笑い話になるかと思って

常に投資しております。

 

上場予定は、5月!まで気絶しておきます!

 

 

それでは良い1日になりますように。

  • ※ 「Google Play」、「Google Play ロゴ」、「Android」は、Google Inc. の商標または登録商標です。
  • ※ TM and © 2015 Apple Inc. All rights reserved. 「iPhone」は、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
    iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。「App Store」は、Apple Inc. のサービスマークです。

 

主にブログの更新ではありますが、LINE@もやっております
気軽に相談にものりますので、ぜひ追加してみてやってください。
友だち追加

ブログ資産化ゼミ

飽き性の私でも続けることができました!
ブログを書いたことがないあなたにおすすめ!

Commentsこの記事についたコメント

4件のコメント
  • とみます

    へー、2種類あるんですね!!
    英語のホワイトペーパーにまさかの日本語出てくる( ゚Д゚)/

    2018年3月22日 6:57 PM
    • たけっしー

      紛らわしいですよね〜
      正しい情報を得ましょう!

      2018年3月23日 12:31 AM
  • mom

    私も、withコイン、公式サイトと思われるサイトから、申し込んで、請求書にしたがって、ビットコイン送付しましたが、その後の連絡途絶えたままです。

    withコインのサイト、他にもあるのでしょうか?
    偽サイト。
    ビットコインアドレス記載の請求書がメール送付されるまで、自動化されていたようでしたが。
    2018年4月27日日本時間早朝、ビットコイン送付して以来、withコインが、いつ、届けられるのかなど、全く情報無しで困っています。

    巷では、withコインの開発者である松山光市氏が動画キャンペーンを繰り広げているようなのですが。

    松山氏に、Lineで、お尋ねすると、わからないと言われました。

    全く同じコイン名称、全く同じコインロゴ、全く同じ会社名で、全く同じ名称の会社所在地、
    そっくりのサイトです。

    withコイン申し込みし、自動化された請求書でビットコイン送付してそのまま、withコインの案内無し!

    どうなったのか?
    問い合わせしてるんですが、日本語では通じないのか? でも申し込みリンクでは、日本語を選べるようになっていたはず?

    こんなそっくりサイトがあるんですね?
    withcoin.info

    2018年5月9日 9:47 AM
    • たけっしー

      mom様
      ご返信ありがとうございます。

      プロダクトローンチが始まってから、各Youtuber達があげていますし、
      何が本当で何が嘘か、ごちゃごちゃになっているのは、共感します。

      ただ、私は松山氏経由で購入したこともあり、既に配布されています。

      差し支えなければ、mom様が買われたルートを教えていただけませんか??

      2018年5月9日 8:45 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください