【雑記】無能な人ほど出世する?ピーターの法則とは?

どうも、たけっしー(@tak450082)です。

 

皆さん、「初耳学」という番組知ってますか?

最近、仕事を進めていて、ちょくちょくつぶやく人が多い

「なんであんな人が出世するのかな〜」という疑問。

 

「無能な人ほど出世する」という法則があるとのことなのでご紹介します。

そもそも出世する人はどういう人か。

皆さん考えたことありますか?

 

・仕事ができる人

・仕事ができない人

 

私自身、なんとなく、「できない人」の方がイメージが強いです。

会社の中で出来る人ほど、「転職」や「うまく立ち回っている」ような気がします。

 

皆さんの会社ではどうですか?

大手になればなるほど、そのような気がします。

ここで注目したい「ピーターの法則」とは?

1.出世する人はどういう人か。

まずは、皆さん出世する人はどういう人か考えてみましょう。

例えば営業マンだった場合

売上だったら、Aさんが一番なので、結果が見える形では、

Aさんが出世します。

 

2.出世した人はどんな人を評価するか。

 

一般的な階層は以下のようだと思います。(私の会社もそうです)

Aさんは、出世して、平社員から課長(管理職)へと仕事が変わります。

プレイヤーから、マネージャーに変わるタイミングで、

初めての仕事になるため、「無能」となります。

ここでAさんの力量が問われるわけですが・・・

いろんな仕事を任され、部下に仕事も振らなきゃいけない。

つまり、管理職として成長する時間がないのです。

 

そんな時、自分の部下を評価してくださいとなった場合に。。

Aさんは評価されません。B〜Dさんが評価されます。

なぜなら、、以下のような指標になるからです。

やはり、自分の命令にしたがってくれる人が欲しいからです。

仕事ができる=地位を脅かす可能性がある。

なぜなら、自分と同じように、セールスNo.1でもあり、実力もあるから。

 

そしていつの間にか、。。

できる人側の不満が溜まり、

転職することになるのでしょう。

最終的にこのようなピラミッドが成立するのです。

これじゃ、社長の思いは、社員には届きませんね・・。

あなたの会社もこうなっていませんか?

 

ピーターの法則(Wikipedia引用)

    • 能力主義の階層社会では、人間は能力の極限まで出世する。したがって、有能な平(ひら)構成員は、
    • 無能な中間管理職になる。
    • 時が経つにつれて、人間はみな出世していく。無能な平構成員は、そのまま平構成員の地位に落ち着く。また、有能な平構成員は無能な中間管理職の地位に落ち着く。その結果、各階層は、無能な人間で埋め尽くされる。
    • その組織の仕事は、まだ出世の余地のある人間によって遂行される。

 

「無能」にならないためには、どうするか

どうすればいいか、すごく簡単です。

向上心を持つこと

決断力をつけること

新しいことを常に取り入れ、学ぶことを続けること

そんな難しくはないんですが、言い訳などがうまくなって、

やらない理由ばかりつけるんですよね。大人になると。

 

「素直」が一番でしょう。

まとめ

いかがでしたか?

私も「ピーターの法則」は初めて知りました。

新しいことを覚えるのは、楽しいし、好きです。

苦手なこともたまにやったら、好きになるかもしれません。

ブログを書くのも毎日が挑戦ですよ。

 

それでは、素敵な1日になりますように。

 

主にブログの更新ではありますが、LINE@もやっております
気軽に相談にものりますので、ぜひ追加してみてやってください。
友だち追加

 

 

 

ブログ資産化ゼミ

飽き性の私でも続けることができました!
ブログを書いたことがないあなたにおすすめ!